文へスキップ

仙台を基盤に 連携・活動する秋田県人会の情報がここに

仙台秋田県人会

〒980-0021
仙台市青葉区中央3-2-1
  秋田銀行 仙台支店内

TEL 022-225-8541
FAX 022-223-1741



あなたは
アクセスカウンター
番目の訪問者です


仙台秋田県人会は仙台市および宮城県に在住している秋田県出身者を会員として、
相互の親睦やふるさと秋田の発展に貢献することを目的としております。
設立は昭和の初めで85年余の歴史があり、現在の会員は約2000名です。

お知らせ

10月26日
 (トップページ)11月10日は 道の駅十文字の仙台出張販売10周年企画へどうぞ
10月7日
 (トップページ)お悔み情報
9月28日
 (トップページ)第96回総会・懇親会は中止
9月12日
 (トップページ)秋田県知事からのメッセージ
7月31日
 (トップページ)大湯環状列石が世界遺産に
7月22日
 (トップページ)秋田の新型コロナワクチン接種状況
6月9日
 (トップページ)これがネマガリタケ
5月30日
 (トップページ)大湯環状列石が世界遺産に?
4月23日
 (トップページ)新緑とこいのぼり
3月26日
 (トップページ)春爛漫近し
2月16日
 (トップページ)縄文号 出発(秋田内陸縦貫鉄道)
1月6日
(トップページ)謹賀新年

11月11日
(トップページ)みなさん元気ですか
        総会回想(第87回~94回) 

道の駅十文字 仙台出張10周年企画

道の駅十文字が仙台出張してもう10年になります
これを記念に11月10日はお菓子をプレゼント
皆さんも仙台八百長商店に足を運んでください
懐かしい県南・十文字の商品がズラリ


合わせて道の駅十文字を紹介します
ホームページのトップ写真をどうぞ





お悔み情報
 
 役員の皆さんの訃報情報です 

 監 事 大嶋良平さん(平鹿町) 10月3日 75歳
 相談役 黒沢 繁さん(鹿角市) 9月21日 93歳
 
             中央が大嶋監事(総会で) 

第96回総会・懇親会は中止

新型コロナ感染防止の観点から、残念ながら第96回総会・懇親会は中止とさせていただきます
2年続きの中止で非常に残念です
会員の皆さんには画面のはがきで案内しております
来年こそ開催できるように、皆さんもお元気で

秋田の情報はこのホームページで紹介いたしますので、情報がありましたら
ご連絡ください



秋田県知事からのメッセージ

新型コロナ感染拡大を受けて秋田県知事からのメッセージです
秋田の秋の紅葉を楽しみにしてる方も多いと思いますが
もう少しの辛抱です

秋の観光と言えば紅葉
大仙市の旧池田氏庭園(国指定名勝)の紅葉もすばらしい
こんな時世だからライトアップの写真を紹介します
ゆっくり 眺めてください


秋田県HP(9月9日)から
アキタファン HPから 





大湯環状列石が世界遺産登録

7月27日 「北海道・北東北の縄文遺跡群」として北海道・青森・岩手・秋田にまたがる遺跡群の一部として
世界遺産に登録されました。
新型コロナが終息したら訪れてみたいものです。

5千年前、ようやく定住生活をするようになった時代の土器を見てみます
大湯にもこんな装飾的な土器を作る人々がいました
私らの祖先は素晴らしいものを残してくれました





秋田の新型コロナワクチン接種状況

夏が来て、竿燈まつりの中止等秋田でも大変です
心配なのが秋田での新型コロナの感染・ワクチン接種状況
最新の官邸ホームページから宮城県と合わせて確認してください

医療従事者を除く65歳以上の接種状況です
2回目接種率 秋田県57%
       宮城県69% 

県をまたぐ不要な外出避けるよう秋田県知事も懸命です





これがネマガリタケ

秋田から貴重なものが送られてきました
例年、この季節になると食べられます
天然、色鮮やかなネマガリタケ
これは駒ヶ岳山麓のもの
クマとの競合もあるがうまい
味噌汁や焼いても美味しい
故郷の味を 存分に味わいました
贅沢 贅沢




大湯環状列石が世界遺産に?

文化庁によると、ユネスコの諮問機関が世界遺産に登録にすることにふさわしいと勧告をまとめました。
かねてから「北海道・北東北の縄文遺跡群」として北海道・青森県・岩手県・秋田県に点在する17の縄文時代の遺跡
を世界文化遺産として登録を目指していたもの。
秋田県関係では「大湯環状列石」(鹿角市)「伊勢動岱遺跡」(北秋田市)が含まれております。
7月には世界遺産に登録される見込み。
新型コロナ感染の中ではビッグニュースです。

出典:JOMON ARCHIVES





大湯環状遺跡(大湯川付近)

伊勢堂岱遺跡(米代川付近)

新緑とこいのぼり

5月になります。
新型コロナ感染防止の自粛生活に疲労されている方も多いと思う。
見渡すと新緑とこいのぼりの季節になります。
名取市の熊野那智神社の模様です。

それからタケノコ。
ことしは裏作にあたり、雨も少なく、さらにイノシシ被害もある。
いまのところ量が少ない。
写真は昨年の丸森のタケノコ。











 縄文号  出発

秋田内陸縦貫鉄道に新型車両登場
名前は「縄文号」
沿線に出土する縄文遺跡群からヒントを得たもの

遺跡のほか 樹氷・カタクリ・紙ふーせんそして温泉。
見どころいっぱい。

仙台から角館までは新幹線ですぐ。
少し 足を延ばしてみては

(写真は秋田内陸鉄道のHPから)










謹賀新年

今年もよろしくお願いします。
一日も早い新コロナの感染終息を祈っております
会員の皆さんも 健康な一年を。

ふるさと秋田。
正月の湯沢市からの鳥海山と雪の状態をどうぞ
写真はいずれも「美酒爛漫」さんからの提供です
今年は大雪のようです
まちが雪に囲まれています









総会回想(第87回~第94回)

みなさん、お元気ですか。
ことしの総会はコロナ感染で中止となりました。
会員のみなさんが一年に一度に逢える機会がなくなるのは寂しいものです。
そこで今回、第87回総会(2012年)から昨年度の第94回までを回想しようと思います。
登場の皆さんも、写っていない人もしばし8年間を思い出してください。
写真枚数に限度がありますのでご容赦を。
来年こそ会場で会えるように。


  第87回 ご利用下さい

  景品をゲットして

   第88回総会で  

   第89回  横手市長




   記念すべき第90回総会。秋田県知事にも参加いただいて

   由利本荘市の観光紹介

   西馬音内盆踊り、演ずるは尚絅学院大の生徒さん。

   県知事から表彰される会長

  第91回  秋田の酒は日本一



  皆さん元気ですか?

  第92回 なまはげも登場

  パノラマで

   第93回  金農の活躍も壁に。

   芭蕉と言えば、象潟 にかほ市の皆さん

    万歳三唱。

   第94回 鹿角市の観光案内

    抽選会の景品を手にして。秋田の銘品を皆さんも次回にどうぞ




秋の空中散歩 ふるさと
 
 天高く 秋の空からふるさと「秋田」が夕焼けの中に見えます。
 仙台発新千歳行きの飛行機からの写真
 1枚目は田沢湖周辺
 2枚目は男鹿半島
 夕焼けの中にふるさとが写っています。
 新首相の誕生と相まって秋田県も張り切っています 
 





今年の総会は開催見送り


8月21日(金)役員会がありました。
会議では例年11月に開催される総会の扱いを協議しました。
今年はコロナの影響で会員の皆様の健康や会場の出席者の制限等から
総会の開催を見送ることとしました。

なお会員の皆様には中止の案内を発送いたします。
又来賓の皆様にも中止の案内を発送いたします。

会議では役員の選任もありましたが「仙台秋田県人会」「組織・役員」に掲載いたします

いつも楽しみにしているかたも又、来年お会いしましょう。
会員の皆さんもコロナに罹らないように注意してください。





◇ことしのさくら◇
ことしはコロナウィルスの影響でさくらを見ることが出来ない方もいると思います。
名取の神代曙をしばし 眺めて 春を満喫してください
神代曙はソメイヨシノより病気に強い品種といわれています








◆秋田の田舎漬けをどうぞ(浅舞婦人漬物研究会)◆

横手市の浅舞で地域の婦人会・農協婦人部が地元の野菜を使用していろんな漬物を開発・販売しているのをご存知でしょうか。
地元で採れるまくわうり、大根、きゅうり、ナス・・・・・を利用。
それに自家製の味噌や近くの酒屋さんからの酒粕で作ったものが24種類にもなります。
創業は昭和45年、ことしで50年目を迎えます、まちおこしの最たるものです。

従業員は22名。契約農家は近くの150戸。工場も作りました。
現会長は佐藤征子さん、創業当時のリーダーは大嶋キサさん(写真・故人)
商品開発で創業当時は京都へ漬物研究にいったり、添加物を使わず水あめを使う、酢を主体に味付けしたりして
塩分を抑えた健康食品を目指しました。
恐るべき婦人パワーです。

いま売れているのは「あさ舞」「しめじ」珍しいのは「ちょろぎ」当然「いぶりたくあん」もあります。
ほとんどがワンコインで購入でき、インターネットでも販売しています。
ぜひご賞味いただければ幸いです。











◆第94回仙台秋田県人会を開催しました◆

県人会総会は11月8日 ホテル白萩で143人の会員参加で開催されました。
柿崎会長からは「秋田の人口は96.6万に人になった。今後は「関係人口」創出・拡大事業等で秋田を支援していきたい」との挨拶がありました。


来賓の福井秋田県副知事からは「秋田で夏に行われた全国豊かな海づくり大会での稚魚放流台を来年開催
される宮城県で使用することが決まった」との紹介がありました。


来賓の児玉鹿角市長からは「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界遺産候補に選ばれた、これで自治体として
三つ目の世界遺産となることからまちの活性化につなげたい」との挨拶がありました。


総会では平成29年度決算・30年度予算が承認されました。
懇親会に入り、鹿角市からの観光紹介がありました


会員の皆さまは久しぶりに互いの交流・懇親を深めました。
お楽しみの抽選会では皆さん、秋田の銘品を手にして大喜びでした。
おしまいは新田目副会長の中締めで終了いたしました
来年も 又 お会いしましょう


久しぶりの顔、顔 交流の模様は次の写真で  クリックすると大きい写真となります