文へスキップ

仙台を基盤に 連携・活動する秋田県人会の情報がここに

仙台秋田県人会

〒980-0021
仙台市青葉区中央3-2-1
  秋田銀行 仙台支店内

TEL 022-225-8541
FAX 022-223-1741



あなたは
アクセスカウンター
番目の訪問者です


仙台秋田県人会は仙台市および宮城県に在住している秋田県出身者を会員として、
相互の親睦やふるさと秋田の発展に貢献することを目的としております。
設立は昭和の初めで85年余の歴史があり、現在の会員は約2000名です。

お知らせ

4月7日
(トップページ)ことしのさくら


3月26日
(トップページ)秋田の田舎漬けをどうぞ(浅舞婦人漬物研究会) 
2月15日 
(トップページ)鶏めしの花善が出店します 16日から藤崎で 

1月30日
 (行事予定) 役員会開催(2月14日)

11月17日
(トップページ) 第94回県人会総会を開催しました





◇ことしのさくら◇
ことしはコロナウィルスの影響でさくらを見ることが出来ない方もいると思います。
名取の神代曙をしばし 眺めて 春を満喫してください
神代曙はソメイヨシノより病気に強い品種といわれています








◆秋田の田舎漬けをどうぞ(浅舞婦人漬物研究会)◆

横手市の浅舞で地域の婦人会・農協婦人部が地元の野菜を使用していろんな漬物を開発・販売しているのをご存知でしょうか。
地元で採れるまくわうり、大根、きゅうり、ナス・・・・・を利用。
それに自家製の味噌や近くの酒屋さんからの酒粕で作ったものが24種類にもなります。
創業は昭和45年、ことしで50年目を迎えます、まちおこしの最たるものです。

従業員は22名。契約農家は近くの150戸。工場も作りました。
現会長は佐藤征子さん、創業当時のリーダーは大嶋キサさん(写真・故人)
商品開発で創業当時は京都へ漬物研究にいったり、添加物を使わず水あめを使う、酢を主体に味付けしたりして
塩分を抑えた健康食品を目指しました。
恐るべき婦人パワーです。

いま売れているのは「あさ舞」「しめじ」珍しいのは「ちょろぎ」当然「いぶりたくあん」もあります。
ほとんどがワンコインで購入でき、インターネットでも販売しています。
ぜひご賞味いただければ幸いです。








◆鶏めしの花善さんが出店します 16日から藤崎で◆
 
会員の皆さん 藤崎に足を運んで懐かしい味を!!








◆第94回仙台秋田県人会を開催しました◆

県人会総会は11月8日 ホテル白萩で143人の会員参加で開催されました。
柿崎会長からは「秋田の人口は96.6万に人になった。今後は「関係人口」創出・拡大事業等で秋田を支援していきたい」との挨拶がありました。


来賓の福井秋田県副知事からは「秋田で夏に行われた全国豊かな海づくり大会での稚魚放流台を来年開催
される宮城県で使用することが決まった」との紹介がありました。


来賓の児玉鹿角市長からは「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界遺産候補に選ばれた、これで自治体として
三つ目の世界遺産となることからまちの活性化につなげたい」との挨拶がありました。


総会では平成29年度決算・30年度予算が承認されました。
懇親会に入り、鹿角市からの観光紹介がありました


会員の皆さまは久しぶりに互いの交流・懇親を深めました。
お楽しみの抽選会では皆さん、秋田の銘品を手にして大喜びでした。
おしまいは新田目副会長の中締めで終了いたしました
来年も 又 お会いしましょう


久しぶりの顔、顔 交流の模様は次の写真で  クリックすると大きい写真となります